更新情報

2014/11/21
昔からある血圧の測定方法の情報を更新しました。
2014/10/29
カラダの至る所に影響を及ぼす高血圧の情報を更新しました。
2014/08/29
管理者情報の情報を更新しました。
2014/02/06
サイトマップの情報を更新しました。

カラダの至る所に影響を及ぼす高血圧

高血圧症は、心疾患や脳血管障害に、大きな影響を与えてしまいます。

例えば、脳出血・脳梗塞の発生率がなんと10倍になり、死亡率は5倍になると言われているのです。

また、心筋梗塞や狭心症への影響も高血圧症では与えてしまうと言われております。

脳血管障害程ではないと言われておりますが、いずれにしえ高血圧は寿命を縮めてしまう原因のひとつである事は否めないようです。

高血圧症である人の血管の中を想像してみてください。

やっぱり、血管内では高圧力が掛かり、血管の壁の障害、コレステロールの付着による粥状硬化ができ、血液の通りが悪くなる可能性があります。

やはり、血液のお世話になっている臓器に影響を与える事も否めないです。

例えば、脳みそや心臓に悪影響を与えて『脳梗塞』『脳出血』『酸素不足による壊死』の可能性もあります。

高血圧という物を安易に考えている人もいますが、高血圧を起因にして巻き起こる体の異常は無視しないようにして下さいね。

ちょっとばかり、各々の体の臓器の気持ちを考えてみて下さい。

例えば、心臓は体に血液を送るために頑張っていますが、高血圧の血液を維持しなければならない負担がある筈です。

心臓だけではなく、肝機能にも影響を与える可能性が十分にあります。

なので、高血圧症であるのであれば、原因と対処方法を知る必要がありますね。

高血圧症は原因の明確な『二次性高血圧』、原因が明らかではない『本能的高血圧』があります。

高血圧症の9割近くが原因不明の本能的高血圧に近いようなのですが、考えられる原因は『加齢』や『男性という性別』、『性格』『食生活』『家系』が関係しているらしいですね。

原因を知ったからと言って、改善にすぐ繋がるとは限りませんが、医師などを受診しながら正常値に戻せるように頑張りましょう。

 

血圧と心臓

成人病と言えば、三大成人病、悪性腫瘍(癖等)、心疾患、脳血管障害などが思い浮かびますが、これは1950年による死因の順位の3位になると言います。

ただ、現在では1980年代から悪性腫瘍が減り、心疾患は変わらずに悪性腫瘍が増えて現在の順位に相当しているそうですね。

ただ、悪性腫瘍が減ったのだと言っても、発症率は決して減っていませんので、私生活の見直しが必要かもしれませんね。

私生活の改善というのは、原因因子である高血圧を防ぐ事です。

高血圧は遺伝の影響も関係しておりますが、私生活の改善でも可能な範囲内であれば改善可能かと思われます。

高血圧を下げる方法は、食生活の改善が主な方法でありますから、この記事を読んだ機会でも良いので、見直しを計ってみると良いかと思います。
その前に、血圧とはどのようなモノなのかを考える必要がありますね。

血圧とは当然心臓と関係しており、心臓のバクバクという運動が血圧に関係しております。

心臓の左心室は一定の周期で収縮を繰り返しますが、血圧も同じく変動を繰り返します。

そして、心臓が縮んだ時を『「収縮期血圧』というですが、その際の血圧は最大血圧です。

心臓内の収縮が終わると圧は少しずつ下がってきますが、次は大動脈弁が下がります。

それにより動脈内の圧は保たれるのですが、圧は下がりつつも血液は送られてきます。

その際には心臓は拡張をしていきます。

つまり心臓内に血液を溜め込む事を意味します。

この時期を拡張期と言い、またの名を最低血圧と言います。

つまり。

血圧は一定ではなく、収縮と拡張を繰り返す心臓に依存して変動していくという事です。

また、上記で挙げたシステム意外でも、迄循環血量や筋肉や、その他諸々にも関係して影響が出ます。
いずれにせよ。

体の構造上、上血圧は上がったり下がったりしますので、脈を図り血圧が上がった事に、必要以上に敏感になる必要ないかと思います。

敏感になるのは医師による診断により『高血圧症』だと診断された時です。

自覚症状が少ないといわれている高血圧症ですから、多くが医師による指摘より気が付く事もあるのだとかです。

なので、定期的な検査は必要かと思いますよ。

 

高血圧症による自分でできる改善方法

 

高血圧症には『二次的高血圧症』だったり『本能的高血圧症』がありますが、どちらも大切な事は正常値まで、血圧を下げる事です。

二次的高血圧症は、原因が明確化されておりますので、基礎となる疾患の問題の解決を行ないます。

問題は本能的高血圧症なのですが、原因が明確化されていなくても、原因とされる問題ぐらいは解決する必要があります。

まず、肥満や食性、飲酒量には気をつける必要があります。

本能性高血圧症は年齢や性別や家系も関係していますが、、それの改善はほぼ不可能でありますので、可能な範囲である肥満や食性、飲酒量ぐらいは管理して下さい。

肥満は普段から運動をして、食生活の改善も含めて塩分の取りすぎには注意しなければなりません。

お酒に関していえば、禁酒をして体調を整えます。

ストレス解消にお酒が欠かせないと述べる人もいますが、自分の体の事なのですから、頑張って下さい。
そもそも、日本人は高血圧の原因となる塩分を取りすぎている傾向にあります。

お味噌や醤油、漬物を食べてみればわかりますが、塩っけが半端ありません。

実際に塩分を多く摂取している地域では、高血圧の発生頻度や脳卒中の発生頻度も高いらしいです。

そして、減塩食運動をした結果どうなったかと言いますと、脳卒中が激変したという話しもあるようです。

日本人といえば欠かせないお味噌や醤油でありますが、塩分控えめの商品があるかと思いますから、可能な範囲でも良いので減塩を行ないましょうね。
また、医師により診断から薬を服用している人は、自己管理も含めて行なう必要があります。

薬を服用していると、安心感がありそれ以外の貴重な管理を怠る事も少なくありません。

薬があるから大丈夫とは考えずに、薬以外でも可能ならば管理は行なって下さい。

また、必要以上に薬を毛嫌いしている人もいますが、一生飲み続けなければならない訳ではないので安心してください。

中には一生薬を飲む事を余儀なくされる人もいるようですが、私生活の改善により薬の服用を免れる人も存在するのだと言います。

なので、とにかく医師との相談を徹底して、自分に合った最善な方法を選ぶようにしましょう。

また、旅行などを行なう際には服用している薬と同じ薬品でも、商品名が異なる可能性もありますので、十分な注意が必要でありますよ。

 

あの頃に戻れる元気よさを実感!

年を重ねると共に、カラダの衰えは徐々に落ちていく実感でお悩みの男性は多いかと思われます。

しかし、そんな時こそオススメしたいのが、おくすりクリニックのジェネリック医薬品です。

ed治療薬

精力サプリ

バイアグラジェネリック

上記の医薬品やサプリメント以外にも活力を与えてくれる商品は沢山御座います。

△もう一回TOPから見る